医療法人明和病院

医療機能評価機構認定病院、臨床研修指定病院、兵庫県がん診療準拠点病院

文字サイズ

文字色と背景色

お問い合わせ一覧

皮膚科・にきびセンター

にきび、皮膚病全般の診療をしています。

にきびの専門的診療、光線療法、生物学的製剤を使用した乾癬外来、アレルギー外来と皮膚病全般の診療をしています。「皮膚は内臓の鏡」といわれています。皮膚科専門医3名による診療をしています。

皮膚科の特長

にきびの専門的治療として、薬剤治療、面皰(めんぽう)圧出の保険診療、ケミカルピーリング、ビタミンA・C・Eのイオン導入、洗顔指導、スキンケアの自費診療とトータルな治療を行っています。

乾癬はナローバンドUVBによる光線療法、生物学的製剤による治療も行っています。

アレルギー外来として、金属アレルギー、接触皮膚炎のパッチテストも行っています。皮膚感染症、アトピー性皮膚炎、じんましんなどの一般診療も行っています。

皮膚科の診断・治療

皮膚感染症

それぞれの感染症にしたがって、抗ウイルス剤、抗菌剤、抗真菌剤の内服、点滴、外用による治療を行っています。アトピー性皮膚炎については抗アレルギー剤、ステロイド外用剤、プロトピック軟膏、保湿剤による治療を行っています。

じんましん

抗ヒスタミン剤の内服、感染性の場合、抗菌剤の内服をします。

乾癬

ビタミンD3外用剤、ステロイド外用剤、ナローバンドUVB療法、生物学的製剤による治療をしています。

皮膚科が対象とする主な疾患

  • アトピー性皮膚炎
  • 薬疹
    薬剤アレルギーによる皮疹
  • 感染症
    細菌感染症、帯状疱疹、足白癬(みずむし)、爪白癬(つめみずむし)、尋常性疣贅(いぼ)、伝染性軟属腫(水いぼ)、疥癬(かいせん)など
  • 皮膚潰瘍(とこずれなど)
    フィブラストスプレーなどが難治性皮膚潰瘍に効果があります。
  • 爪白癬
    エフィコナゾールの外用剤が爪白癬に対して、非常に効果があります。
  • [にきびの治療]過酸化ベンゾイル(BPO)製剤
  • [乾癬の治療]生物学的製剤による治療

皮膚科での検査

皮膚生検

病理組織所見で確定診断をします。良性、悪性の腫瘍の鑑別にも有用な検査です。

パッチテスト

アレルギー性接触皮膚炎、金属アレルギー、薬剤アレルギーの診断などに有用な検査です。

ダーモスコピー

基底細胞癌、悪性黒色腫などの皮膚悪性腫瘍の鑑別に有用な検査です。

真菌検査

足白癬、爪白癬の診断に有用な検査です。

RAST

アレルギー検査に有用な検査です。

受診時のアドバイス

病歴を詳しくお聞きしますので、いつからどのような症状が出たのか、記載してください。顔面に皮疹がある場合、女性ではできればメイクを落として受診してください。

診療実績

にきび自費診療(2015年)170件
 

医師

皮膚科 部長、にきびセンター長

黒川 一郎

皮膚の病気は皮膚科専門医の診察が必要です。当院皮膚科は皮膚に関するすべての診療を行っています。
特ににきびに関しては専門性の高い診療を行っています。アレルギー検査、皮膚生検、光線療法による治療も行っています。

専門分野 尋常性痤瘡、皮膚感染症
資格認定・専門医 日本皮膚科学会認定専門医
日本皮膚科学会尋常性ざ瘡治療ガイドライン作成委員
日本アレルギー・接触皮膚炎学会(評議員)
日本化学療法学会(評議員)
日本褥瘡学会(評議員)
日本痤瘡研究会(理事)
日本臨床分子形態学会(評議員)
化膿性汗腺炎基金(Medical&Scientific Advisory Board)
日本がん治療認定医機構 (暫定教育医・認定医)
抗菌化学療法認定医
インフェクションコントロールドクター(ICD)

診療実績

平成27年度 にきび自費診療件数

休診・代診

11月25日 休診 午前 黒川   
12月9日 休診 午前 黒川   
12月16日 休診 午前 黒川   

診療科・専門外来