医療法人明和病院

医療機能評価機構認定病院、臨床研修指定病院、兵庫県がん診療準拠点病院

文字サイズ

文字色と背景色

お問い合わせ一覧

呼吸器外科

それぞれの患者さんにそれぞれの治療を。

呼吸器外科は心臓や大血管を除く胸部全体の手術を行う外科です。代表的なものとして、肺がんの手術や、気胸という肺に穴があいてしぼんでしまう病気の手術、縦隔という胸の真ん中のできものの手術を行います。

呼吸器外科の特長

胸腔鏡きょうくうきょうというカメラを用いた傷の小さな手術から大きな病気に対して大きく胸をあける拡大手術まで幅広く対応します。それぞれの患者さんに応じた適切なアプローチを選択して安全に手術を行うことが可能です。

縦隔鏡じゅうかくきょうという特殊な手術を行うことができます。首の付け根に3cmほどの小さな傷で胸の中のリンパ節や腫瘍の組織診断を行います。

呼吸器外科の診断・治療

呼吸器外科では主に肺がんに対する手術を行っています。肺がんの手術が必要な患者さんに根治手術(治癒を目指した手術)や他の方法では診断が付けることが難しいときに診断をつける手術を行います。肺がしぼんでしまう気胸という病気に対してドレナージや手術をして治療を行います。他のがんが肺に転移した場合、手術で切り取ることができる状態ならば手術を行います。縦隔という胸の真ん中にあるところにできた腫瘍に対して手術を行います。多汗症に対して発汗をコントロールする手術を行います。

早期膿胸に対する胸腔鏡下膿胸腔郭清術

膿胸という胸の中に膿がたまってしまう病気があります。早期の膿胸に対する治療の基本はドレナージというチューブを胸の中に入れて膿を外に出すことが中心ですが、手術による胸の中の掃除を加えることで治療の手助けとなることがあります。手術が必要かどうかお悩みの際はお気軽にご相談ください。

肺がんの集学的治療

進行した肺がんは通常、手術だけで治すことは非常に困難です。明和病院では進行した肺がんに対して抗がん剤治療や放射線治療、温熱療法などのほか手術による切除も治療に役立つようであれば積極的に行います。

呼吸器外科が対象とする疾患

肺がん

肺がんは進み具合によって手術が標準治療であるものと、集学的治療の一環として手術を行うものがあります。呼吸器内科・腫瘍内科と連携して診断・治療にあたります。

気胸

若い人に起こる自然気胸やたばこで肺が傷んでしまった人などに起こる続発性気胸、生理に関連した月経随伴性気胸など、さまざまな気胸に対応します。

転移性肺腫瘍

肺に発生したがんではなく、ほかの臓器にできたがんが肺に転移した場合、手術で切り取ることにより予後が改善することがあります。

縦隔腫瘍

胸の真ん中の縦隔というところに腫瘍しゅようができたときに対応いたします。

多汗症

手のひらや顔に汗がたくさんでる多汗症という病気に対して手術が必要な場合対応いたします。

呼吸器外科での主な検査

  • 胸腔鏡検査
  • 縦隔鏡検査
  • 気管支鏡検査

受診時のアドバイス

明和病院に平成28年4月から呼吸器診療の常勤外科部門が新たに開設されました。胸部手術が必要な患者さんにも対応できますので、肺の手術に関する方は遠慮なく受診してください。

医師

呼吸器外科部長、呼吸器センター

奥田 昌也

患者さん個人個人に合わせた診療を心掛けています。
気になることは些細なことでも遠慮なくおっしゃって下さい。

専門分野 呼吸器
資格認定・専門医 日本外科学会 指導医・専門医・認定医
日本呼吸器外科学会 専門医
日本呼吸器外科学会 評議員
European Society of Thoracic Surgeons active member

休診・代診

9月26日 休診 午前 奥田    午前10時以降、休診となります。
9月29日 休診 午後 奥田   

診療科・専門外来