医療法人明和病院

医療機能評価機構認定病院、臨床研修指定病院、兵庫県がん診療準拠点病院

文字サイズ

文字色と背景色

お問い合わせ一覧

糖尿病・内分泌科

糖尿病診療チーム 

糖尿病専門医1名 、糖尿病療養指導士15名
糖尿病専門医:河中正裕 外来看護師:竹口トモ子
管理栄養士:完山美里、古長真理子  運動療法士:三宅典子
これらのメンバーが、事実上の「糖尿病センター」として、院内各部署から、
あるいは患者様からの、糖尿病の相談に対応しています。

糖尿病外来 診察日

※原則として食事をぬいてこられる必要はありません。

曜日 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
午前 河中   (非常勤)   河中

池田
(第2・4週)

午後 河中   (非常勤) 河中 河中  

循環器内科、腎内科透析室、中央検査室、薬剤部、皮膚科、形成外科、歯科口腔外科、整形外科など
院内各科の協力を得ながら診療・指導を行っています。

糖尿病教室(入院)

専門職の講義・実習と病棟看護師による指導が毎日行われます。

月曜日 入院オリエンテーション(東4階) 
血糖測定実習など
火曜日(午前) 栄養教室
水曜日(午前) 運動教室

水曜日または木曜日

口腔ケア、フットケア(東4階看護師)
糖尿病について。低血糖教室(専門医)
金曜日 薬の教室(薬剤師)  眼科外来

 

外来透析予防指導外来

木曜午後と金曜午後、第2・第4土曜日。
看護師、管理栄養士と運動療法士による30~60分の生活指導の後、糖尿病専門医による診察。要予約。
2015年11月開始以来100名近くの方が指導を受けられ、多くの患者様から好評を得られています。実際に改善を認めた方もおられます。

外来運動指導

月曜から金曜まで随時受付。経験豊富な専門指導者により、
全員の方から「役に立った」という評価をいただいています。

外来糖尿病教室

責任者:大野外来師長 

  日時 内容
第1回 2015年11月 糖尿病の食事と運動。運動実習も含めて。
第2回 2016年4月 フットケア実習
(森看護師長、透析室・訪問看護センター)
第3回 2016年7月 口腔ケア実習(歯科衛生士)
第4回 2016年10月 運動教室(三宅運動療法士)
第5回 2017年2月22日(水) 眼科と糖尿病(田中眼科部長)

第6回

2017年6月14日(水)
13:00~

糖尿病の腎症と食事
(豊田腎内科医長と管理栄養士)

第7回 2017年9月11日(月)
15:30~
動脈硬化と足のケア
(中尾循環器内科部長と森看護師長)
第8回 2017年11月21日(火) 脂肪肝と検査の話(岸内科主任部長)

以上すべてに、河中部長からの話をつけくわえております。

  
      口腔ケア(歯科衛生士)            足のケア(看護師)

 

運動教室は楽しいゲーム感覚で行われます。

【2016年患者数】

外来患者数:1641  他院からの紹介:85 他院への紹介:97
糖尿病治療入院:315名。そのうち糖尿病教室参加(教育入院)190名。

 

糖尿病に関する病診連携の会

2016年4月2日に第1回を実施しました。

3週間入院してインスリン初回導入を行った2型糖尿病患者様の3ヵ月後の結果

(東4階)

  インスリン離脱 インスリン継続 GLP-1
2013年 42名(81%) 10名(19%)  
2014年 48名(84%)  9名(16%)  
2015年 43名(73%)  9名(15%) 7名(12%)
2016年 71名(76%) 11名(12%) 13名(14%)

退院後インスリンなしになった方のほとんどが、その後もインスリンなし、低血糖を起こすような薬を使用しないで生活されておられます。

 

医師

糖尿病内分泌科 部長

河中 正裕

インスリン治療の必要な患者様が3週間入院して、7割以上が退院時インスイン不要になります。
これを5年連続で達成しました。専門医‐看護師‐栄養士‐運動療法士‐さらに各科の先生方に合わせた総合力の結果です。
外来診察中にも即席で糖尿病教室を開きます。

専門分野 糖尿病内分泌
資格認定・専門医 医学博士
日本内科学会 認定内科医
日本糖尿病学会 指導医・専門医・近畿支部評議員
日本内分泌学会 専門医・功労評議員
日本病態栄養学会 元評議員

非常勤医師

池田 雅彦

専門分野 糖尿病
資格認定・専門医 日本内科学会 総合内科専門医
日本糖尿病学会 認定医

休診・代診

7月28日 休診 午前 河中(休診取消し)    休診は取消しとなりました。(6月6日更新)
8月4日 休診 午前 河中   

診療科・専門外来