医療法人明和病院

医療機能評価機構認定病院、臨床研修指定病院、兵庫県がん診療準拠点病院

文字サイズ

文字色と背景色

お問い合わせ一覧

乳腺・内分泌外科

根治を目指す乳がん治療。

精密な診断に基づき、早期乳がんはより小さく治し、転移性乳がんであっても患者様が希望されれば、諦めることなく根治を目指す治療を行っています。

乳腺・内分泌外科の特長

転移性乳がんに対してバイオロジー(生物学)に基づいた根治を目指した治療。

日本乳がん検診制度管理中央機構 評価AS認定読影医、A認定診療放射線技師を中心とした診断精度の高い乳房検査体制です。

  • 認定読影医4名
  • 女性放射線技師3名
  • 女性超音波撮影技師3名

乳腺・内分泌外科の診断・治療

精密な診察、検査による正確な病状把握に基づき、早期乳がんではより小さく治し(センチネルリンパ節生検による腋窩リンパ節郭清術の省略、乳房部分切除、形成外科と連携した乳房再建など)、転移性乳がんにはそれぞれの病状に応じて、薬物、手術、放射線療法を組み合わせて根治を目指します。

乳腺・内分泌外科が対象とする疾患

  • 早期乳がん
  • 転移・再発乳がん
  • 甲状腺疾患
  • 副甲状腺疾患

乳腺・内分泌外科での検査

  • マンモグラフィ、3Dトモシンセシス(乳房1mm断層画像)
  • 超音波検査装置、エラストグラフィ(硬さセンサー)、カラードプラー(血流検査)
  • MRI(核磁気共鳴画像法)
  • CT(コンピューター断層撮影)
  • PET-CT(陽電子放射断層撮影〈関連施設・明和キャンサークリニックにて〉)

受診時のアドバイス

予約制なので、予約を取って受診された方がより待ち時間を少なく、診療を受けていただけます。

乳腺・内分泌外科医の募集

乳腺・内分泌外科では、以下のような先生を募集しています!

対象

  • 最先端の乳腺・甲状腺診療を習得したい先生
  • 乳癌専門医資格を取得したい先生
  • たとえ転移・再発乳癌であっても治す知識・技術を習得したい先生

当院の特色

 

診断

乳癌の精密検査においては通常のマンモグラフィ、エコー検査、MRI検査に加え、トモシンセシス、エラストグラフィ、カラードプラーを併用し乳癌をより詳細に検討しています。

治療:手術

乳房温存、センチネルリンパ節生検(RI併用法)を用いた負担の少ない手術、また当院形成外科と協力し、インプラント、自家移植による乳房再建を積極的におこなっています。また、初診時に切除不能である局所進行乳癌(T4以上)であっても、集学的治療・皮膚移植を併用し、積極的に切除しています。現在のところT4以上の局所再発率は3%程度で、切除不能乳癌をほぼ克服しています。

転移・再発乳癌治療

現在の転移・再発乳癌に対する標準治療では完全寛解率が約16%です(2年生存率約50%)。当院では患者様が希望されれば、全例、集学的治療(薬物療法、肝切除、ラジオ波燃灼術、放射線治療等)を駆使し、完全寛解を目指しています。その結果、このおよそ5年間の完全寛解(cCR)率は60%を超え(観察期間中央値25カ月)、部分寛解(cCR)を加えると90%を超えています。これにより、当院の転移性乳癌(Stage IV)の2年生存率は約96%です。

以上のように当科では標準治療を身に付けた上で、それに甘んじることなく、常に最新の知見・技術をブラッシュアップし、一人ひとりに合った最適の医療を提供するように努めています。
その様な医療を習得し、患者様に寄り添いながら、乳腺・内分泌外科領域のさらなる発展のために、共に歩んでくださる先生を広く募集致します。

一流の乳腺外科医が育まれる環境下で、共にがんばりましょう!!

詳しくは採用情報をご覧ください

医師

乳腺・内分泌外科 部長、化学療法センター

岸本 昌浩

乳がん治療はがん診療の中でも最も進歩の早い領域のひとつです。
わたくしは保険診療の範囲内で集学的に治療をおこない、転移・再発乳癌であっても患者様が希望されれば、根治を目指した治療をおこなっております。

専門分野 乳腺・内分泌外科領域全般
資格認定・専門医 医学博士
日本外科学会 専門医・認定医
日本乳癌学会 専門医
日本がん治療認定医機構 認定医
検診マンモグラフィ読影認定医(評価AS)
乳房再建用エキスパンダー/インプラント責任医師
西宮市がん検診精度管理委員会乳がん検診部会委員

乳腺・内分泌外科 医長

松之木 愛香

皆様が安心して診療をうけて頂けるよう心がけます。
気になること、わからないことなど遠慮なくお伝え下さい。

専門分野 乳腺
資格認定・専門医 医学博士
日本外科学会 専門医
日本乳癌学会 認定医
日本がん治療認定医機構 認定医
検診マンモグラフィ読影認定医(評価A)

外科医員、乳腺・内分泌外科、明和ER(外科系担当)

一瀬 規子

親身な診療を心がけ、安心な医療ができるよう努めます。

専門分野 消化器全般
資格認定・専門医 医学博士
日本外科学会 専門医
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会読影試験評価 読影医

外科専攻医、乳腺・内分泌外科

赤塚 昌子

誠心誠意、患者さまの診療に携わらせていただきます。

外科専攻医、乳腺・内分泌外科

北村 優

非常勤医師

光信 正夫

専門分野 消化器全般、乳腺疾患の治療
資格認定・専門医 日本外科学会 指導医認定医
日本肝臓学会 専門医
日本消化器学会 専門医
日本消化器学会 認定医消化器がん外科治療認定
検診マンモグラフィ読影認定医
日本がん治療認定医機構 認定医
日本乳癌学会 認定医
日本緩和医学会 暫定指導医

非常勤医師
甲状腺外科部長

松塚 文夫

専門分野 甲状腺・副甲状腺疾患
資格認定・専門医 日本内分泌外科学会(評議員-特別会員)
甲状腺外科検討会(日本甲状腺外科学会)前腫瘍登録委員
アメリカ甲状腺学会(ATA)正会員
日本外科学会 認定医

診療実績

センチネルリンパ節生検数

乳腺疾患手術数

休診・代診

現在のところ、休診・代診の予定はございません。

診療科・専門外来