医療法人明和病院

医療機能評価機構認定病院、臨床研修指定病院、兵庫県がん診療準拠点病院

文字サイズ

文字色と背景色

お問い合わせ一覧

歯科口腔外科

根拠に基づいた良質な口腔医療を提供します。

地域の多数の医療機関と連携をとり、一般医科歯科診療所で対処困難な顎口腔疾患を中心に診療しています。

歯科口腔外科の特長

日本口腔外科学会指導医・専門医、がん治療認定医(歯科口腔外科)が常駐しており、

①口腔がんや顎顔面外傷などの高次口腔外科的治療
②智歯(親知らず)の抜歯や顎嚢胞、粘膜腫瘍、唾液腺疾患などの診断・手術
③口腔インプラント治療
④顎関節疾患治療
⑤全身管理を必要とする特殊な歯科治療
⑥入院患者様の周術期口腔管理

などを実施しています。

歯科口腔外科の診断・治療

舌がん・歯肉がんなどの口腔がんに対しては、手術・化学療法・放射線治療の三者併用による集学的治療を実施しています。現在の日本における口腔がん標準治療をすべて施行可能な設備を有しており、一例毎にチームによる綿密な症例検討を実施し方針を決定しています。
患者様の意向を十分に取り入れ、可能な症例には超選択的動注化学療法を用いて根治率の向上と機能温存の両立を図っており、進行癌でも手術を回避できる場合があります。
最近では分子標的治療も加えてさらに治療成績が向上しています。

歯科口腔外科が対象とする疾患

口腔がん

大阪大学歯学部第2口腔外科と治療データを共有し成績向上に努めています。形成外科や放射線治療科をはじめ、あらゆる診療科やがん治療専門スタッフと連携して治療に取り組んでいます。

顎顔面外傷

上下顎骨骨折に対して、症例ごとに最適な手術治療と保存治療の組み合わせを考慮しています。ミクロレベルの咬合(噛み合わせ)と審美性の原状回復に重点をおいています。多発顎顔面外傷では形成外科と連携しています。

口腔インプラント治療

10年先を見越した全顎的治療計画のもと、骨不足の場合は骨造成手術も併用して機能的・審美的に長期間使用できるよう慎重に施術しています。人工歯根はノーベルバイオケア社の製品を使用しています。自家歯牙移植にも対応しています。当科でインプラント治療を受けられた患者様は他の歯科治療も当方で継続可能です。

顎関節疾患

顎関節症は症型に応じた保存治療(理学療法やスプリント)・準外科的治療(関節洗浄)・咬合診査、噛みしめなどの悪習癖コントロールなど多方面からのアプローチを集中的に実施します。

周術期口腔管理

全診療科における長時間の全身麻酔下手術の9割以上に口腔ケアを実施し術後肺炎の予防に努めています。以前は年間6例ほどの術後肺炎発生を認めていましたが、平成26~27年はゼロとなっています。

スポーツマウスガード

個人で作製する簡易なものが市販されていますが、専門的な診断下に作製したマウスガードは顎の動きに合わせて作られるので、歯・顎関節の保護に効果的でパフォーマンスの向上も期待できます。(健康保険の適応はありません。標準タイプ 8,000円〜。団体割引あり。)

歯科口腔外科での検査

口腔がん

CT・MRI・エコー・生検による局所診断のほか、PET-CT・腫瘍マーカーによる転移診断、上部消化管内視鏡による重複がん検診も行っています。生検による病理検体は組織学的悪性度をミクロレベルで8項目にわたり精密に分析し治療方針に強く反映させています。

口腔インプラント治療

CTと専用解析ソフトによる3次元シミュレーションを全例に実施し、視覚的にわかりやすい治療方針をご提案しています。

顎関節症

MRIによる症型診断を行っています。

受診時のアドバイス

常用薬剤の副作用による口腔疾患は意外に多く、また口腔外科手術に支障をきたす薬剤も多数ありますので、「おくすり手帳」を必ずお持ち下さい。
かかりつけ医療機関からの診療情報提供書(紹介状)をお持ち下さい。

医師

院長補佐
歯科口腔外科 部長

末松 基生

口腔周辺のあらゆる病気に対して正確な診断を行い、細部にまでこだわった治療を目指しています。

専門分野 口腔外科(口腔腫瘍、顎関節、インプラント)
資格認定・専門医 歯学博士
日本口腔外科学会 専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医(歯科口腔外科)・暫定教育医(歯科口腔外科)

歯科口腔外科 医員

多田 晋也

2017年4月より勤務させて頂いております。
丁寧な診療を心掛けますので、よろしくお願いいたします。

専門分野 口腔外科
資格認定・専門医 歯学博士
日本口腔外科学会 認定医

歯科口腔外科 医員

山本 汐里

専門分野 口腔外科

診療実績

口腔癌の病期・部位別治療件数

 

平成21年6月(診療開始)〜同28年3月

原発部位 I期 II期 III期 IV期
11 2 1 2 16
下顎歯肉 1 5 2 4 12
上顎歯肉 1 1   2 4
頬粘膜 3 2 1   6
口底 1     1 2
17 10 4 9 40

他臓器からの転移性癌6例は除外

治療成績

  • 原病死2例(原発非制御1例、遠隔転移1例)、他病死2例
  • 原発部局所制御率 95%(他病死を除く)
  • 2016年3月現在の生存例36名中、35名は非担癌生存

歯科口腔外科 臨床指標

 
区分 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
年間初診患者数 1,605人 2,068人 2,288人 2,359人
年間外来手術数 1,110件 1,068件 1,272件 1,493件
年間入院手術数(以下内訳) 56件 69件 72件 82件
悪性腫瘍 9 7 7 17
良性腫瘍 3 4 4 7
顎顔面外傷 6 7 3 4
顎骨嚢胞 7 11 15 16
唾液腺疾患 5 3 4 3
インプラント関連手術 16 16 8 7
消炎手術 1 12 6 6
抜歯・歯の手術 9 9 24 21
その他 0 0 1 1

休診・代診

現在のところ、休診・代診の予定はございません。

診療科・専門外来