医療法人明和病院

医療機能評価機構認定病院、臨床研修指定病院、兵庫県がん診療準拠点病院

文字サイズ

文字色と背景色

お問い合わせ一覧

明和病院 ブログ

救急車同乗研修

2017年11月18日

最近めっきり寒くなりましたね
駅の改札前などで寒風吹きすさぶ中、
年賀葉書を売る人が
マッチ売りの少女のように見えてしまうのは
私だけでしょうか。
寒い中の仕事は体にこたえそうです。

さて、我々の研修医もこの寒い中、
1年目の研修医が西宮市消防局の鳴尾消防署に
1日研修に行ってきました。

内容は、出動する救急車に乗って、
病院に搬送される前の患者さんがどのような課程を経て
病院に搬送されてくるのかを体験してくること。

そこで見えてくる救急車要請の実態や、
救急隊員さんたちの日々の苦労、
そしていつもは患者搬送時にしか話ができない
救急隊員さんたちとコミュニケーションを取ること

そこから色んなことを学んで欲しいという思いで
今年から始まりました。

私も初日は挨拶を兼ねて消防署に行ってきました。
月曜日から木曜日まで1日1人ずつ交代で研修です。

初日はT先生。
寮からスクラブの上に防寒着を来て自転車で消防署に登場。

最初の業務は、夜勤から引き継いだ救急車両や
装備の点検を・・・・・・・と言いかけたその時、

館内にアナウンスが響きました。

『救急要請。●●町●丁目・・・』

救急隊員がダッシュで飛び出します!
T先生も何がなんだか分からないまま後に続きます!

車庫の横には本部から伝送されている位置情報が
モニターに表示されていて場所を確認します。

この情報は救急車の中でも確認でき、
各救急車の場所はGPSでリアルタイムに本部や
消防署と共有されています。

そうこう言っている間に
T先生も救急隊のガウンを着て救急車に乗り込み
扉が閉まります。

そして、あっという間にけたたましくサイレンを鳴らして
西宮の町に飛び出していきました。

T先生が出動してから、
しばらく救急隊の人にお話を聞きました。

昔に比べて救急要請の件数は
着実に増えているそうです。
因みに、西宮市内の昨日の救急搬送件数は47件でした。

この間にも、車庫の救急車2台は共に出動し、
西宮浜の分署の1台も出動したため、
鳴尾消防署管内の3台が同時に出動していました。

それぞれ現地に急行し、
患者さんを収容、バイタルなど現場で取れる
限られた情報をもとに搬送先を考え、
受け入れ相談の電話を入れて、
受け入れ可能となったら搬送する。

病院で申し送りをして
次の出動に備えて準備をしながら消防署に戻る。
時には戻る途中で出動要請を受けることも・・・

これをひたすら繰り返すそうです。

雨の日も、風の日も、
灼熱の日も、
今日のように寒風吹きすさぶ日も・・・

そういえば今年の春に研修を終えた研修医が、
救急隊の受入れ要請の電話を受けた後、
よく救急車の搬入口の外側で待っていたことを
思い出しました。

彼はどんなに寒い日でも、
手が空いていれば屋外で救急隊を待っていました。

救急隊に、そんな彼の姿は
どのように映ったのでしょうか。

たった1日の短い研修ですが、
この短い研修を通じて『何か』を
学んでくれたことを期待しています。


臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

決意を胸に・・・

2017年11月8日

先日のマッチングで、来春から明和病院で
臨床研修を始めることになった5人の学生さん、

彼らはこれからの数ヶ月間、国家試験に向かって
死に物狂いで勉強しなければなりません。

せっかくひとつのチームになれたのだから、
これからの苦しい時もお互いを励まし合い、
支え合い、一緒に乗り越え、
来年の春には“医師”として再会する

そんな関係が築けたら、と思い
5人の学生さんに連絡をしました。

『みんなで一度、集まりませんか??』

そんな呼びかけに、
既に勉強や卒業試験、実習で忙しい5人全員が
ある週末に集まりました。

学生さんが在籍する大学は
近畿のみならず、中国地方や四国に散らばっています。

それぞれの住む場所から負担が少なく
いい場所はないか・・・
そう考えた結果、集合地点に選んだのは、

瀬戸内海に浮かぶ島。
日本の原風景が色濃く残るとても美しい
『豊島(てしま)』という島。


秋雨前線の合間を縫って、
高気圧に包まれた穏やかな日に、
各地から新幹線、自家用車、フェリーや高速船を使って集まりました。

車で走ればあっという間に1週してしまう小さな島ですが、
意外と起伏が大きく、所々見晴らしのいい場所からは
瀬戸内海に点在する島々が見えて
その度に歓声が上がります。

そして、緑の棚田を吹き抜ける海風と一体化した
『豊島美術館』を訪れました。
 ※この美術館を訪れるためだけでも
  島を訪れる価値がある美しい美術館です。

皆で語らう場所に選んだのは、
その名も『海のレストラン』
波打ち際に立つ美しい庭がある真っ白のレストランです。
外観だけでも絵になります。

テラスの席の目の前には、
とても美しく穏やかな瀬戸内海が広がっていました。

沈み行く夕陽を眺め、
寄せる波音に耳を傾け、
そよぐ潮風を感じながら、
お互いの親交を深め、
ひと時だけでも忙しい毎日を忘れているようでした。

某国日本領事館の料理長も勤められた料理長さんの
腕によりをかけたディナーは、
とても素晴しいお料理でした。

新鮮な海の幸

中には取れたてのサザエ

メインのお肉は口の中で
ほどけるように溶けていきました!!

研修医になったらまたこの島に来よう!
お互いそう言いながらお店を後にしました。

半年後、
『久し振り!』と笑顔で再会できる関係が
彼ら5人の間にできたと思っています。

さぁ!
これからが正念場!
辛くなったらお互いの顔を思い浮かべて、
“1人じゃない”ことを思い出して!!



(瀬戸内海の夕陽に向かって・・・)



臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

残りあと100日

2017年11月2日

ちょうど1年前、
同じタイトルで投稿したっけ?

“ネタの使い回しやん!”と言われようと
今年も書くねん!

さて、
今日からちょうど100日後は、
『平成30年2月10日』です。

そうです。
勘の鈍い医学生でもすぐわかる、
第112回医師国家試験の初日です!!

1年前に、当時まだ学生だったT先生に、
「どうしてる?頑張ってる??」
 と連絡したら、
「図書館に籠り過ぎて、静脈血栓が飛びそうです(汗)」
って返事が返ってきたっけ。。

あれからはや1年が経ち、
全国の医学部6年生が、改めてその時を迎えています。

去年も書きましたが、
大半の研修医は口を揃えて言います。

『国試前の数ヶ月が、今までで一番勉強した』

辛い試験に受かったその日から、
医学生は医師免許を持つ“医師”となります。
人の命を預かる、誇り高く尊い職業です。

医師としての大切な “はじめの一歩” を
明和病院で研修する道を選んでくれた
5人の医学生さんを私たちは心から待っています。

残りあと100日!

全力でがんばれ!!!!!


臨床研修 事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

CPC in English

2017年10月24日

明和病院ではCPC(臨床病理検討会)を
2年目の研修医が発表する際には英語で行っています。
※ 院長先生は、“鉄は熱いうちに打たなあかんねん!
  1年目も英語でさせな!”とおっしゃっているので
  近々1年目も英語で発表になる・・かも!?

そこで、普段から研修医の面倒をとてもよく見てくださる
病理診断科のK先生の多大なる協力を得て、
研修医がスライドを英訳し、読み原稿を作成、英訳、
更に英語が堪能なY先生や外科のN先生の校正、指導を受けて
ようやく発表にこぎつけるわけです。

今回は2年目の研修医2名が発表しました。

【外来受診中に急変した1例 S先生】

 

【S状結腸癌の1例 Y先生】

 
 
院長をはじめ、上級医の先生を前にしての英語でのプレゼンテーション。
さぞかし嫌な汗が吹き出たのではないかな?

発表が終われば院長から英語で質問が飛びます。
でもそこは研修医が質問の趣旨を理解できているかどうかを
探りながら丁寧に質問してくださいます。

分からないところは病理のK先生の助けを借りながら
受け応えをしました。

最後に院長から、
今後医師として成長していく過程で、
必然的に英語でプレゼンテーションする機会が増えてくるので
このような機会をきっかけに英語で発表することに
興味を持って欲しい。
という趣旨の締めの言葉で、無事に今回の発表を
終えることができました。

S先生、Y先生、
お疲れ様でした!

参考までに、今回のY先生のスライドのPDFファイルを添付します。
※ ファイルサイズが20MBあるので、スマホの方は通信データ量にご注意ください。
 171024 CPC in English Dr.Y(20,747KB)

臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 https://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

マッチング結果発表

2017年10月19日

医学生さん以外にもこのブログを読んでいる方が
いるかもしれないと仮定して。

そもそも、臨床研修医における『マッチング』ってなぁに?
というところから。

医師臨床研修マッチング協議会HPから抜粋させていただくと、

“研修医マッチング(組み合わせ決定)とは、
 医師免許を得て臨床研修を受けようとする者(研修希望者)と、
 臨床研修を行う病院(研修病院)の研修プログラムとを
 研修希望者及び研修病院の希望を踏まえて、
 一定の規則(アルゴリズム)に従って、
 コンピュータにより組み合わせを決定するシステムである。”

難しく書いてありますが、
平たく言えば、
マッチングに参加している1,000以上の臨床研修病院と
9,000人以上の医学生を『1対1』で結びつけるシステムです。

臨床研修病院と医学生は、
病院見学や筆記試験(面接試験)をもとに、
双方で希望順位を決めます。

そしてその希望順位は、マッチング協議会で集計され、
『1対1』の最終組合せ結果が発表されます。

その結果が、、、
本日10月19日(木)14時にWEBサイトで発表されました!!

結果は、
無事に定員枠の5名が決まり、
来年度の明和病院の研修医チームが、
今、正式に発足しました。

彼らは、まさに今、授業、実習、卒業試験の真っ只中で
来年からのチームの仲間と一緒に研修するために
日々努力を重ねています。

半年後、
明和病院で研修予定の学生さん、
そして、明和病院で研修を希望としてくれたにもかかわらず、
明和病院以外の病院に行くことになった学生さん、
全ての学生さんが、来年揃って暖かい春を迎えられるよう
心から願っています。


臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 https://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

1年目研修医の激励会

2017年10月17日

さて、
1年目の研修医が兵庫医大救命センターで研修中に開催する
激励会もすっかり恒例になりました!

今回はT先生を激励します。
10月に入って日程を調整し、
T先生に食べたいものを尋ねると、
(選択権は激励される研修医に与えられる)

T“中華食べたいです!”

とのこと。

どうやら最近食べた中華料理が、あまりに物足りなくて
改めて中華が食べたくなったらしい。

激励会で中華は初めてだなぁ。。。
と思いながらお店を探します。

近いのは「K福門」だけど、
年末になったら色々な部署が開催する忘年会に
必ず出てくるから被っちゃう。

まさか「餃子のO将」とかやったら、
大好きだけど、激励会としてはさすがにがっかりするだろうな。

てなことで、
やや距離がありますが、阪神西宮から北に歩いたところにあるお店。

カンファレンスで遅くなったS先生も連れて
19時半スタート!

T先生疲れているかな・・・・?
と思いきや、意外と元気。

聞いたところ、最初の1週間はやはり
なかなか心が折れそうになったらしい。
が、そこはさすがT先生、
2週間目でしっかり持ち直してました!

どうやって持ち直したのか興味があるところでしたが、

T“わかんないことはわかんないし、
  できないことはできない!
  そう悟ったら気持ちが楽になりました!!!”

だそうです。

う~~~ん。
確かに・・・正しいかも知れんな。

久々に1年目が全員そろっての食事会
短い時間ではありましたが楽しい時間を過ごしました!

(そないに驚くものでも・・・)


(カニ身入りのフカヒレスープ)

同期に会って元気を取り戻したら、
残り2週間も張り切っていこう!!


臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 https://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

eレジフェア

2017年10月10日

今年度も民間や官公庁主催の臨床研修医募集のための
フェアに何度か参加してきましたが、
今年度最後のフェア

10月8日(日)南港ATCホール

今まで近畿地方で開催されるフェアは、
春先から夏に開催されるのですが、
ここの会社は従来6月に開催していたフェアを
10月に移動してきました。

この時期の開催は経験が無いのですが、
少なくとも医学部6年生は既に10月5日に
マッチング登録が締め切られてしまったので、
2次募集でもなければ対象になりません。

ということで、
来年度以降の採用を見越して
5年生と4年生を対象とした
説明会となりました。

臨床研修管理委員長のY先生をはじめ、
(東京出張からの帰りに、そのままお越しいただき誠に感謝!)
1年目と2年目の研修医もブースについてくれました。

今回は1年目のS先生がブースの設営を手伝ってくれました!
背の低い私は、高いところに手が届かず
今まで何度も椅子を昇り降りして準備しましたが、
2人で準備したら、あっという間に準備できました♪

【before】

【after】


いつもながらに、ゆる~~くスタート。

ところが、
元々人数が少ない上、意外と途切れなく学生さんがやってきて
お昼ご飯もそこそこに午後4時前まで結構頑張りました!


さて、今回話ができた学生さんのうち、
何人が見学に来てくれkるでしょう?

いつものように、気長に待つことにしましょう♪

臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 https://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

功労者表彰

2017年10月2日

毎年10月1日は明和病院の創立記念日です。
そして本日10月2日(月)に創立記念式典が行われました。

この式典では、永年勤続の職員が表彰されたり
この1年間で功労があった職員や優良従業員が表彰されたりします。

そして今年はなんと、
明和病院の臨床研修医全員と、事務担当者の私が一緒に
功労者表彰を受けることになりました。

表彰理由は、
『研修医募集アプローチの改善
 (種まき活動と信頼関係構築による応募者著増)』
です。
 ※ 何とも長いタイトルとサブタイトルです。。。

さて、その心は。
今年も7月と8月に臨床研修医の採用試験を実施したのですが、
8月25日付のブログでも書いたとおり、
定員枠5名に対して14名の応募があったということ。

これは在職する研修医一人ひとりが
病院見学に来てくれた学生さんに丁寧に対応し、
ERにおける研修医の働き振りを見てもらったり、
時には一緒に食事をしながら
研修生活について話をしてくれた結果です。

そんな活動をコツコツと重ねたことが
サブタイトルの『種まき活動』という形で
評価されたようです。

式典では研修医の代表として2年目のS先生が表彰状を受け取り、
私も表彰状をいただきました。

他の人気の臨床研修病院に比べればまだまだかもしれませんが、
今後もコツコツと活動を続け、
来年度も沢山の医学生さんに明和病院を目指してもらえるように
頑張ろうと思います。


臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 https://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

上級医の先生と

2017年9月13日

研修医から見たら、かなり上の上級医の先生の中でも、
気軽に研修医室に顔を出してくれる先生がいらっしゃいます。
形成外科S先生。

研修医が入職した時からオリエンテーションで
縫合トレーニングをしてくださったり、
武庫川の河川敷でバーベキューを企画してくださったり、
研修医の教育だけでなくレクリエーション部分も
とても積極的に面倒を見てくださいます。

先日もS先生プレゼンツで、
大阪の鶴橋まで焼肉を食べに行ってきました!

大阪で串カツと言えば新世界というように、
焼肉と言えば、やはり鶴橋です。

鶴橋駅のホームに降り立つと、
既に焼肉の香りが充満しています。
※ 阪急の今津駅も夕方からは焼肉の香りがするけど
  鶴橋はまたケタが違いますね。

鶴橋駅周辺は細い路地に囲まれていて、
土地勘のある人でも結構迷い、、、
我々も例外なく道に迷いました。。。

するとS先生、何を思ったか、
いきなりその辺の焼肉屋さんの呼び込みのお兄ちゃんに、
『○○って店、どこやった??』と聞いちゃいます!

同業者の呼び込みの兄ちゃんに聞くって、
なかなか勇気いるよね~

無事、お店に到着

みんなお腹をすかせて来たので
生ビールで乾杯した後は、
ひたすらお肉を焼いて食べ続けました!!

変わった部位(ホルモン)が多彩で、
中には聞いたこともない部位もあります。

“プップギ”!!??
何か人気らしいので注文します。

メニューに部位が書かれていて、よく見ると
『肺』だそうです。

2年目♂:『え~~~っ!そんなんムリムリーーー!』
食べず嫌いだなぁ、、、と思いつつ、
出されたお肉には、ところどころに丸く穴が開いてます。

2年目♂:『え~~~っ!気管支ちゃうんーーー!!』
あぁ。君は外科系じゃなかったね。

焼きあがったお肉にタレをつけて食べてみると、
これが結構歯ごたえもあって、なかなか美味しい!!

さっきまで同じく『ムリ~!』と言ってた1年目の先生(♀)、
恐々口に運ぶと、
『うわ~~美味しーー!』

ほらね、食べたら結構美味しいんだって。

それを見た2年目(♂)
『やっぱムリ~~~(汗)』

こんな時はやっぱり女の子の方が肝が据わってるね。

そんなこんなの、あっという間の1時間半。
ラストオーダー直前に、外科カンファを終えたT先生も合流して
一気に食べて行きました。

また次回も期待です♪♪

形成外科 S部長!
ありがとうございました!!!


臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 https://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

医師としての勘

2017年9月6日

先日、研修医が“ウルトラC”を放ちました。
※ 平成生まれの人は「ウルトラC」の意味を
  Siriにでも聞いてください。

患者さんの個人情報や診療情報を含むため、
詳細は控えますが、

とある患者さんがERに来られました。
その時診察した研修医は、

“・・・・・・何かがおかしい。。。”

医師としての勘が、そう訴えたそうです。

その研修医は上級医や同僚の研修医とも相談し、
結果、見事な連係プレーで重大な疾患が発見され、
大学病院で大掛かりな緊急手術を受けて一命を取り留めたそうです。

ところで、、、

『勘』とは一体何でしょう?

とある物理学者は言いました。

『勘とは経験の蓄積であり、決して天から降ってくるものではない』と。

この研修医は、日頃から“わかんない、、わかんない”と、
よくボヤいています。

その“わかんない”ことをひとつずつクリアにし、
常日頃からの経験を蓄積することによって、

今回の『勘』が発動したものだと思います。

今回の件は、決して偶然ではなく、
日々の努力の賜物であると、
とても誇りに思います。

その研修医に言いました。
「もし、今後も先生が“おかしい”と思ったら、
 その“勘”は全力で信じるべきだと思うよ。
 その『勘』は、高い確率で当たると思うから。」

素晴らしい仕事をしたね!!


臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 https://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。