医療法人明和病院

医療機能評価機構認定病院、臨床研修指定病院、兵庫県がん診療準拠点病院

文字サイズ

文字色と背景色

お問い合わせ一覧

明和病院 ブログ

医学生向けの病院説明会を開催しました

2018年7月15日

先週末の7月14日(土)、
医学生対象の病院説明会を開催しました。

今年は、近畿はもちろん四国、東海、北陸地方など
遠方からも昨年を上回る26名の学生さんが来てくれました!!

明和病院の説明会は全3部、
 第1部『結紮縫合トレーニング』
 第2部『病院説明会』
 第3部『懇親会』
 で構成されており、

第1部の『結紮縫合トレーニング』では、
皮膚縫合や、腸管吻合のモデル器材を使って
縫合、吻合、糸結びなどの手技を行います。
(毎年ご協力いただくJ社さんに心より感謝)

先ず始めに形成外科S部長による皮膚縫合のレクチャー
 S先生は例年4月の新入職オリエンテーションの
期間中にも新しい研修医のために
トレーニングをしてくださいます

次に二手に分かれて、
半分は、外科主任部長、A先生による『糸結び』、
もう半分は、形成外科の先生による『皮膚縫合』トレーニング
研修医も各テーブルに散らばって一緒に教えてくれています
【糸結び】

【皮膚縫合】

その後、外科の先生による腸管吻合トレーニングや
鏡視下手術のシミュレーションや
自動縫合器や自動吻合器や
電気メスのデバイスに触れてみたりと
2時間という限られて時間で
盛り沢山の内容です!!
【腸管吻合】

2人でペアを組んで向き合って行います

【シミュレーターや電気メスデバイス】

気分は腹腔鏡手術の術者そのもの

学生さんにとっては、実際に手を動かす貴重な経験であり
また、目にすることも手にする機会も
少ない装置や器具などを触って楽しんでもらいました

第2部は『病院説明会』

ここからは、副院長で臨床研修管理委員長のY先生から
スライドを使った説明です
研修プログラムや研修医の処遇に至るまで
学生さんたちは熱心に聞き入っていました

説明会には1年目の研修医も同席して、
学生さんの質問に答えてくれました

その後、2つのグループに分かれて
病院内をラウンドして第2部は終了
土曜日の夕方だったので、外来患者さんもいないので
平日の雰囲気とは大分違うけど
イメージは掴んでもらえたかな?

第3部は、会場を病院近くのレストランに移して『懇親会』

毎年このイベントの時に使わせていただいていますが、
いつも素晴らしいお料理でみんなを満足させてくれます!!

めちゃくちゃ盛り上がったので、
ぜひその時の様子の写真を・・・・・・???

なんと、肝心の私がすっかり楽しんでしまい
ブログ用の写真が・・・ない(^^;

余談になりますが・・・
このレストランは、明和病院の研修医にとって
かつて医学生だった頃に、同じように先輩研修医と交流を深めた
思い出深いお店です

そんな経緯から今年の3月には
1年目と2年目の研修医と私だけで
2年目の研修医の送別会をこの場所で開きました
※ 2018年3月26日付研修医ブログ
 『臨床研修修了おめでとう!』を参照ください

美味しい食事とお酒を飲みながらだと
なかなか気軽に聞けないことも聞けたり、
意外な“ぶっちゃけトーク”も飛び出して
全体が笑いに包まれていました♪

お陰さまで今回も大盛況のうちに終えることができました

今回この説明会の為に、
わざわざ足を運んでくれた学生さん達に
本当に心から感謝です!!!

6年生は間もなく採用試験が始まります
今日を機会に“来年から明和で研修をしたい!”と
1人でも多くの学生さんに思ってもらえたら嬉しいです

そして5年生は、
次は個別の病院見学にも来てもらえたら嬉しいです。

皆さんからのご連絡、心からお待ちしてます!!!


臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

再会

2018年6月29日

6月某日(金)20:30

1年目の研修医3名、2年目の研修医2名、
そしてこの春に明和病院で研修を終えた3名専攻医と私、
合計9名が三宮の焼肉屋さんに集結しました!!

臨床研修は2年間なので、
1年先輩、1年後輩とは
1年間研修を共にするので交流がありますが、
2年差があると交流関係が薄くなるのが通常です

しかし、明和病院では2年目の研修医も
研修医採用の過程に深く関わるため、
自分が研修を修了した後に入ってくる研修医とも
交流があります。

そんな関係で、
今回は久々に夜遅くまで楽しく過ごしました

明和病院を巣立った専攻医の先生からは、
配属された先の病院の研修医の情報や、
専攻医としての専門課程の生活など
研修医も私も初めて聞くような話ばかりで
非常に興味をそそられました

『研修医』という肩書きの取れた彼らは、
今までよりのひと回りもふた回りも成長しているようでした

うんうん!
彼らもそれぞれの場所で頑張っているみたいで安心しました♪

また会えるといいな~~

・・・・なぜか、男ばっかり。。。。


臨床研修事務担当 N


※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

医学生対象の病院説明会を開催します

2018年6月19日

来年度以降の臨床研修医募集に関して
医学生対象の病院説明会を
下記のとおり開催します

対象の学年は6年生に限定していないので
5年生や4年生の方でも明和病院の臨床研修に
興味を持っておられる学生さんは
明和病院の雰囲気を肌で感じる貴重な機会ですので
是非奮ってご参加ください!!


対象:大学医学部の学生(概ね4年生~6年生)

日時:平成30年7月14日(土)

 【第1部】結紮縫合トレーニング(13:00~15:00頃)
      明和病院の外科や形成外科の医師の指導の下、
      実際に医療材料を使って縫合や糸結びの練習を行います。

昨年のトレーニング風景
  ★外科の先生と糸結び★

  ★形成外科の先生と皮膚縫合★

  ★外科の先生と腸管吻合★

 【第2部】病院説明会(15:30頃~17:30頃)
      副院長 兼 臨床研修管理委員長の先生による
      病院説明会を行います。
      1年目の研修医も参加して、質疑応答のコーナーもあります。
      説明会に続いて、院内見学も行います

 【第3部】懇親会(18:00頃~20:30頃)
      明和病院の医師、研修医と共に、明和病院の近くで
      懇親会を行います。
      多くの研修医が参加しますので、是非ご参加ください。

  ★昨年の懇親会風景★

  ※ 第1部終了から第3部の終了までは、時間が多少前後する場合があります。

場所:(第1部・第2部)明和病院 南館5階 明和ホール
   (第3部)明和病院近隣のレストラン

申し込み方法:
   第1部から第3部までの“一部のみの参加も可能”ですので、
   参加を希望される部(ex.第1部から第2部まで参加希望、
   第1部から第3部まで全て参加希望 など)を明記して
   明和病院 中安(t.nakayasu@meiwa-hospital.com)まで
   お申し込みください。

申込期限:
   資機材等の準備の都合上、
   原則、7月11日(水)正午までにお申込ください。
   それ以降につきましては、一旦お電話
   (0798-47-1964)でご連絡ください。

医学生の皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。


臨床研修事務担当 N


※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

医学部6年生の皆さんはマッチングの参加登録を!

2018年6月14日

来年医師国家試験を受験される皆さん、
夏に入ると臨床研修における就職活動がスタートしますね。

実際には5年生やそれ以前から病院見学に
積極的に活動している学生さんもいますが、
多くの病院の採用試験が始まるのはこの時期です。

また、多くの臨床研修病院が「マッチングシステム」に参加しており、
マッチングシステムに参加している病院で臨床研修をしようと思えば
学生さんもマッチングシステムに参加登録しなければなりません。

現在医学部に在籍中の学生さんがマッチングシステムに参加するための
IDとパスワードは、既に各大学に送付されています。
なので、忘れないうちにサッサと登録だけでも済ませてしまいましょう!

医学部の学生ならば大学が自動的に参加登録してくれる・・・・
なんてことは、決してありません!!!

この参加登録の締切は8月2日(木)14時!!
夏休みの途中なので、うっかりすると終わってしまいかねません。
定刻になれば問答無用で締め切られ、
泣こうが喚こうが、決して融通は利きません。

もしも参加登録を忘れてしまったら、、、、

マッチングの組み合わせ発表がある10月18日まで
就職活動はストップし、二次募集を待たなければなりません。
こうなると、自分が希望する臨床研修病院で研修できる可能性は
極めて低くなります。

ただでさえ卒業試験や国家試験の勉強でバタバタするので、
“まだ時間があるから、まぁそのうち、、、”
などと考えず、今のうちに参加登録だけでも済ませておきましょう。


臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

救急ポイントレクチャー

2018年6月6日

1年目の研修医が臨床研修を開始してから
早いもので3ヶ月目に入りました

この間、1年目の研修医は各科の研修、
ERや当直など、日々新しい経験を積んでいます

さて、明和病院では研修開始直後の3ヶ月間に
『救急ポイントレクチャー』という講義が
毎年行われています。

この講義は、
研修期間に経験すべき重要な症状・病態・疾患の中から
救急医療の現場で今すぐ役立つ約40に及ぶ内容を
指導医クラスの先生方が連日寄ってたかって講義してくださる
まさに『ロングランレクチャー』です。

今日は呼吸器内科のO先生のレクチャーです

1年目の研修医、たった5人のために、
指導医の先生方は工夫を凝らしてコツコツとスライドを作り
熱心に講義をしていただき、心より感謝感謝!!!

このレクチャーが終わって7月に入れば
いよいよ研修医1年目のトップを切って
M田先生が兵庫医大の救命センターへ1ヶ月間、
院外ロードに出発します

たった3ヶ月の間で1年目の研修医は
かつての「医学生」から急速に「医師」の表情へ変化し、
彼ら自身でも気づかないうちに ぐんぐん成長しています

医学生の皆さん、
彼等の急速な成長振りを見に来るなら、
是非この時期がお勧めですよ!!

彼等の成長を間近で感じていることができるのは
この仕事の特権であり醍醐味だと思っている
臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

マイナビレジフェス大阪

2018年5月14日

4月のメックのイベントに続く研修医採用のイベント第2弾!
『マイナビレジデントフェスティバル大阪』に
今回も副院長のY先生と1年目の研修医3名と共に出展してきました

昨年までは梅田の地下と直結している
ハービスホールで開催されていたのですが、
今回は中之島にある大阪国際会議場。

大阪で学会が開催されるときによく使われる会場で、
お医者さんには馴染み深い場所ですが、
大阪駅からのアクセスが微妙に悪い上に
運悪く土砂降りの雨・・・

そんな中、一緒に行った研修医が準備を手伝ってくれたお陰で、
準備時間が相当短縮されて助かりました!(ありがとう♪)

余った時間で研修医同士、
学生さんに説明をする練習をしています

こうして準備万端整えたのですが、
始まっても学生さんはまばら・・・
開催時間は13時から17時と4時間しかないので
短時間決戦なのですが、これではどうにも。。。

それでも、そうこうしているうちに
少しは学生さんが増えてきて
一時は2つのテーブル同時に何組かを説明しました

学生さんの中には実際に働いている臨床研修医の
生の声を聞きたい人が多いので
決められた説明以外にも自らの経験を含めて
丁寧に説明してくれていました。

残念ながら今回は学生さんの数が少なかったけれど
その分時間をかけてゆっくり説明できたと思います

この中から何人かでも明和病院に興味を持ってくれて
病院見学に来てくれることを願って・・・


臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

笑い声が絶えない研修医室

2018年5月12日

明和病院の研修医室は
スタッフドクターの医局のすぐ横にあり、
うなぎの寝床のように細長い部屋が途中で折れて
『L』字型になっている小さな部屋です。

日中はあちこちに散らばっている彼らですが、
夕方遅くになると、その日一日の仕事から解放されて
いつも笑いで溢れています

そんな研修医室の土曜日の朝。
金曜日の夕方からのER当直が明けて、
F先生(♀)が研修医室に戻ってきた。

 N 『F先生、昨日の晩は忙しかった?』

F先生『・・・・・・・』

・・・ん?? どうした??
しばし沈黙して何やら考えている風。。。

すると突然!!!

F先生『はははははははは(笑)!!!』

何や何や!? いきなり笑い出した(驚!!)

 N 『どないしたん!??』

F先生『めっっちゃ忙しかったです!
    一睡もできませんでした!!
    完徹です!!!
    ははははははは(笑)』

F先生はそう言うと、またネジが飛んだように笑っていた

やばい!疲れた上に寝不足で壊れた(汗)

よく聞くと、忙しかった上に
診療がひと段落して、ようやくカルテを書き終えた辺りで
また次の患者さんが登場!
というパターンを繰り返して朝になったらしい。

それは気持ち的にも結構きつかったに違いない。

 N 『F先生、もう今日は、はよ帰り!』

F先生『あ、まだこれから回診に行ってきます~~♪♪』

そう言い残して、再び笑い声を響かせながら
病棟へ向かって行ったのでした。

F先生、明日は大阪国際会議場で研修医採用のイベント
『マイナビ』に行かないといけないから、
早く帰って寝るんだよ!!

明和病院の研修は、時として決して楽ではないけれど、
そんな環境が彼らをぐんぐん成長させてくれます。

そして、しんどい時には苦楽を共にできる
信頼できる仲間がいます


色んな意味で、明和病院の研修医室には笑いが耐えません。


臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

MECマッチングフェア

2018年4月30日

世間ではゴールデンウィークが始まって、
出国ラッシュを伝えるニュースが流れる中、
今年も研修採用に向けたフェアの出展に
1年目の研修医3名と一緒に行ってきました

今年の第1弾は、医学生向けの予備校である
メックが主催する『MECマッチングフェア』

準備もひと段落した頃、
派手目のネクタイを締めたおじさん登場!

なんと医学生や最近の研修医なら誰でも知ってる
カリスマ講師の藤澤孝志郎先生(通称Dr.孝志郎)が
現れたではありませんか!

メックが主催するフェアなんやから別に珍しくはないはずなのに、
やはり本人を目の前にするとちょっと驚いた!

と、思いながら、ふと横を見ると
うちの研修医3名がざわついている!
そして、

3人の♂『一緒に写真撮ってくださ~~い』

あら、君達にとっては神様みたいな人なのね~~

そうこうするうちに開始時間になり学生さん入場。
周りの病院に続々と学生さんが集まりだしているのに、
明和病院のブースはのんびり。。。。

と、思ったのもつかの間、
怒涛のように押し寄せて来ました。

メックは基本的に学生さんのニーズを捉えて
スタッフが学生さんをブースまで連れて来るので
病院としては非常に助かるのですが、
なんせ、次から次へと、『今、○名対応できますか?」と、
学生を連れてやって来ます。

仕舞いにはブースの前の椅子が足らなくなり、
急遽追加の椅子を運んでくる状態に(汗)

研修医1年目の3名も1人で数人を相手にしながら必死で説明します

※ 説明してる風景の写真なんか撮ってる暇がありませんでした・・・

あっという間に時間が過ぎ、
終了時刻の17時近くには、準備した資料は、
ほぼ無くなってしまいました。

さて、お昼ごはんも食べずに頑張ってる研修医に
帰りに何かご馳走してあげようと、
お昼過ぎに声をかけました。

 N 『みんな何食べたい?』

M尾先生『お寿司食べたいです。でも、僕、今日当直だから
     病院に帰らないと・・・』

M田先生+T先生『じゃぁお寿司にしよう~~~♪♪』

M尾先生『えぇーーーー!!そりゃないやん~~~』

君達、仲がいいんだか、いい性格してるんだか良く分からんな。
と、そこに我等が研修管理委員長のY副院長が、

Y副院長『コスパのいいお寿司屋さんがあるよーー』

M尾先生、Y副院長にトドメを刺されてすっかりしょげてしまいました。。。

 N 『M尾先生、お土産買って持って行ったるやん~』

M尾先生『きっとですよーー』

ということで、人で溢れかえる梅田の街を、
人を掻き分けながら、お初天神通りまでやってきました。

もちろん残念なM尾先生を除いたメンバーで
先ずは乾杯!!

ずっと説明で喋り続けた喉に生ビールが
染み渡ります♪

奮発して特上握りのセットや鯛の荒煮を注文し、
勢い良く平らげた上で、
食べ盛りの我々は更に追加注文!

M田先生は赤だしまで飲んでご満悦でした♪

その後、もう1件はしごして、
さぁ帰ろうという段階で

 N 『・・・・・M尾先生にお土産買い忘れた。』

慌ててお土産のお寿司が売っていそうな辺りにUターン!
M田先生とT先生が当直で奮闘中のM尾先生の為に
『特上握り』を買って持って行ってあげたのでした!!

翌朝まで当直で戦ったM尾先生、
なんと初当直ながら、30分ぐらいしか寝られないくらい
大忙しの夜だったそうです。

そんな朝に差し入れの特上握り!
さぞ美味しかったことでしょう!!


今年度はあと2回フェアに出展します。

医学生の皆さん、
是非、明和病院の研修医に会いに来てくださいね!

臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

今年も各社フェアに出没します

2018年4月23日

新年度を迎え、
明和病院もそろそろ来年度の臨床研修医採用に向けて
各社の医学生さん向けのフェアに出没します。

今年は3ヶ所出展を予定しています

平成30年 4月29日(日) MECマッチングフェア2018
            (梅田スカイビルウエストタワー3階「ステラホール」)
平成30年 5月13日(日) マイナビレジフェス大阪(グランキューブ大阪)
平成30年 7月 1日(日) レジナビフェア 2018 in 大阪(南港インテックス大阪)

そして早速、
4月29日のMECのフェアのブースに参加する
メンバーが決まりました。

Y副院長(臨床研修管理委員長)
T先生 (1年目研修医)香川大出身
M田先生(1年目研修医)兵庫医大出身
M尾先生(1年目研修医)川崎医大出身
そして、私の計5名です

今回は全員メンズです

医学生さんにとっては、
病院見学以外で現役の研修医と話ができる
数少ない機会です
是非、医師になりたての3名の研修医の話を聞きに来てください!

心よりお待ちいたしております!!


臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

ある日の晩

2018年4月20日

ある日の晩の出来事

1年目の研修医がオリエンテーションを終えて
それぞれのローテート先に散って行くと、
臨床研修の事務担当は、
ようやく落ち着きを取り戻してくる

仕事に区切りをつけて
いつものように帰る前に研修医室に寄ると
1年目のF先生(♀)が1人で机に向かっていた。
F先生は4月から2ヶ月間外科をローテート中。

 N 『こんな遅くまでどないしたん?』

F先生『いやぁーやることが無限にありすぎて・・・(汗)』

1年目の研修医5名に内、4人(♂)が内科系を回っており、
日中、時間に余裕ができるたびにERに赴いて
2年目の後ろをついて歩き仕事を学ぶ。
1人だけ外科を回っているF先生は、
連日怒涛のように押し寄せる手術に入るのでてんてこ舞い!
なかなか思うようにERに来られない。

しかも来週にはいよいよ1年目がERデビューを果たすため、
他の研修医に遅れを取っていないか気が気ではないらしい。

そんなこんなの話をしていると、
研修医室の扉が、ガラッと開き、
当直の2年目の研修医S先生が立っていた。

S先生は、しばし入口で立っていたが、
ふと思い立ったのか

S先生『F先生、良かったら今、ER教えたろか?』

N+F先生『おぉーーー!!』

その時ERには患者さんが1人来ていたが、
検査に行ったり結果を待ったりで少し余裕があったらしく
S先生はF先生を連れ立ってERへ

ダミーの患者さんのIDを使って
マンツーマンでオーダーの練習

2年目の研修医はみんなとても面倒見がいい
かつての2年目の研修医が研修を終えて
順番に病院を去って行く3月の下旬から
新しい1年目の研修医が独り立ちできるまでの約1ヶ月間、
来る日も来る日も日中のERと当直を4人で回し続けて
身も心もくたくたであるはずなのに、
ERに1年目がやってきたら必死になって教えている。

やはり2年目になると一気に先輩になるんだな・・・
素敵な光景を見せてもらいました。


臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。