医療法人明和病院

医療機能評価機構認定病院、臨床研修指定病院、兵庫県がん診療準拠点病院

文字サイズ

文字色と背景色

お問い合わせ一覧

明和病院 ブログ

マッチングの参加登録を忘れずに!

2017年6月27日

来年医師国家試験を受験される皆さん、
夏に入ると臨床研修における就職活動がスタートしますね。

実際には5年生やそれ以前から病院見学に
積極的に活動している学生さんもいますが、
多くの病院の採用試験が始まるのはこの時期です。

また、研修病院の多くが「マッチングシステム」に参加しており、
マッチングシステムに参加している病院で臨床研修をしようと思えば
学生さんもマッチングシステムに参加登録しなければなりません。

現在医学部に在籍中の学生さんがマッチングシステムに参加するための
IDとパスワードは、既に各大学に送付されています。
なので、忘れないうちにサッサと登録だけでも済ませてしまいましょう!

医学部の学生ならば各大学の職員が自動的に参加登録してくれる・・・・
なんてことは、決してありません!!!

この参加登録の締切は 『8月3日(木)14時!!』
夏休みの途中なので、うっかりすると終わってしまいかねません。
定刻になれば問答無用で締め切られ、
泣こうが喚こうが、決して融通は利きません。

もしも参加登録を忘れてしまったら、、、、

マッチングの組み合わせ発表がある10月19日まで
就職活動はストップし、二次募集を待たなければなりません。
(しかし、人気の病院は1次募集で定員に達してしまう可能性が大!)

ただでさえ卒業試験や国家試験の勉強でバタバタするので、
“まだ時間があるから、まぁそのうち、、、”
などと考えず、今のうちに参加登録だけでも済ませておきましょう。


臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

(重要)研修医の採用試験日が一部変更になりました

2017年6月19日

現在医学部6年生で、
明和病院の臨床研修医採用試験の
受験をご検討いただいている皆様へ

既に明和病院の採用関係のホームページ
http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/ に、
今年度の採用試験の日程(2種類)を掲示しているところですが、
都合により、片方の採用試験日が下記のとおり変更になりました。

変更前:平成29年8月4日(金)or 平成29年8月25日(金)
変更後:平成29年7月28日(金)or 平成29年8月25日(金)

試験は2回実施しますので、いずれかご都合のよい日にお申込み下さい。
 各日[筆記試験]15:00~16:00 [面接]16:15~18:00


臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

救急ポイントレクチャー

2017年6月15日

1年目の研修医が臨床の現場に散ってから
はや3ヶ月が経とうとしています。

その間、各科の研修やERなど
皆、忙しい毎日を送っている。
たまの日曜日も交代で医学生向けのフェアに
参加して熱心に後輩の発掘にもいそしんでいる。

この3ヶ月間といえば、以前にもこのブログに紹介しましたが
4月から6月まで立て続けに『救急ポイントレクチャー』という講義が
行われています。

この講義は、
臨床研修到達目標の「経験すべき症状・病態・疾患」のうち
レポートの作成が求められる重要な項目をベースとして
救急医療の実戦で即役立つ30コマ以上の内容を
指導医クラスの先生方が寄ってたかって講義してくださる
まさにロングランレクチャーです。

今日も夕方から1コマ講義が行われました。

今日の講義は特任副院長で呼吸器内科のB先生

このレクチャーも月末までで、残すところあと数コマ。
終わって7月に入れば
2年目のN先生は兵庫医大の精神科へ1ヶ月間
1年目のS先生も1年目のトップを切って兵庫医大の救命センターへ1ヶ月間
それぞれ院外ロードに出ます。

ERの当直も外病院に出てしまう研修医がいれば
自ずと回転が早まります。

1年目はそれぞれ母港を出航し
港の波止場を越えて、いよいよ外洋の荒波に漕ぎ出す
といったところでしょうか。


臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

医学生さん向けの病院説明会を開催します

2017年6月6日

明和病院では、臨床研修医を採用するにあたり
毎年7月に病院説明会を開催しています。

今年も7月の第2土曜日の7月8日(土)に
開催することになりました。

既にホームページの研修医採用のページでは公開していますが、
以前、明和病院に見学に来ていただいた学生さんや
病院実習で明和にお越しになった学生さん、
そして各社が主催する病院説明会で明和病院の出展ブースで
説明を聞いてくださった学生さんには
メールでお知らせしています。

思い起こせば、今まで明和病院で研修をすることになった先生方も
病院見学や病院実習、各社の病院説明会など、
様々な『きっかけ』からご縁があった方々でした。

お付き合いの長い方は、
臨床研修が始まる2年位前(4年生から5年生になるくらい)から
やり取りをしている方もおられました。

明和病院は、1年に5人(以前は4人)しか研修医を採用していません。

だからこそ、
“出会い”と“ご縁”をとてもとても大切にしています。

病院見学にお越しになる学生さんには、
明和病院のいい部分だけでなく、悪い部分も含めて選んでいただきたいので、
リスクを承知で、常に全てをさらけ出すように心がけています。

なので、早い段階で病院見学にお越しになっても、
それ以来プッツリ連絡が来ない方もおられます。

でも、中には1年くらい様々な病院の見学に巡られた結果、
改めて明和病院が心に残って、戻ってきてくれる方もおられます。

正直、色々な病院を見てきた方に、
改めて「明和で研修がしたいです」と言ってもらえると、
とても嬉しいものです。

そんなご縁を一つ一つ紡ぎ上げて、
我々は2年間の苦楽を共にできる「チーム」を作り上げていきます。

病院説明会は、
今まで病院見学やブース訪問など、個別に対応していた学生さんが
一堂に会する数少ない機会です。

是非、今の研修医と交流して明和病院の“空気”を感じ、
同学年の学生さんと共に語らい、
もしかしたら、一緒に研修をするかもしれない同期との
交流を深めてみてください。

皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。


臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

マイナビレジデントフェスティバル

2017年5月17日

5月14日の日曜日、
4月に引き続き医学生対象の病院説明会に出展してきました。

大きな病院説明会が南港のATCやインテックス大阪など
とても交通の便の悪いところで開催されるのに比べて
今回は西梅田のハービスホール。
阪神梅田の改札を降りたら徒歩5分!
すこぶる便利!!

お昼前に会場入りして準備。
一緒に説明をしてくれる研修医は
2年目のN先生と1年目のH先生。

学生が入場してくる頃に配布資料の説明をしていると、
何と今回も開始早々に学生さんがブースにやってきた!
(通常学生さんの出足はスロースタートが基本)

しかも今回は主催者スタッフに連れてこられたわけでもなく
自ら“まっしぐら”に明和病院のブースに来られて
『お話し聞かせてもらってもいいですか?』って

えーーー!??
いつからうちの病院、医学生さんにメジャーな病院になったんだろう??
嬉しさ反面、信じられない気持ち半分。

開始早々に説明を始めると、次から次へと一人ずつ、
またはグループで話を聞きに来てくれました。
お陰さまでゆっくり待っている時間もなく
用意した資料50部は、瞬く間にはけていきました。

研修管理委員長のY副院長も絶え間なく説明を続け、
帰る時に『今日は疲れた、、、』と言い残して帰って行きました。

明和病院にとって外部で開催される病院説明会は
ひとつの『きっかけ』です。

やはりこのような説明会をきっかけに、実際に病院見学に来てもらい、
働く研修医と話をして診療の現場を見てもらわないと
なかなか病院を理解することは難しいでしょう。

なので、説明の最後には必ず、
『興味を持ってくれたら、一度見学に来てね』と
お伝えするようにしています。

間もなく本格的な病院見学のシーズンが始まります。
今回お話させていただいた学生さんの中から
果たして何人見学に来てくれるかな・・・?


臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

新装開店

2017年5月9日

明和病院の研修医室。
それは研修医9名だけの安らぎの場所。

時にアカデミックな話で激論を戦わせ、
時に恋愛談議に花を咲かせ、
時にお互いの悩みを語り合う。

その部屋が、
ゴールデンウィークが明けて
新装開店しました!!!!

元々スタッフドクターの休憩室を囲むように
L字型をした不規則なレイアウトで、
まるで通路のような、
はたまた長屋のような、
またの名をウナギの寝床のような、 とか。

そんな狭くて細い研修医室でしたが、
今年度から研修医が1名増員され、
来年度も5名の研修医が採用できたら計10名の研修医が
この狭い部屋にひしめくことになるので、
思い切って部屋の拡張をすることになりました!!!

しかーーーし!
お隣はスタッフドクターの休憩室。
反対側はスタッフドクターの医局です。
そう簡単に拡張はできません。。。

そこで一計を案じました。
“スタッフドクターの休憩室との間の壁を、
 1日に1cmずつ押していったらどうだろう”、、、と。

夜な夜なハンマーで壁を叩く音が。
コンコンコンコン・・・
コンコンコンコン・・・・

そうやって3ヶ月かけてようやく1m!

・・・な訳ありません。

でも、工事をすればその間、
研修医室もスタッフドクターの休憩室も使えません。
それにスタッフドクターから休憩室が狭くなったと
苦情が出るかもしれません。

いっそのこと一気にやってしまうが勝ちです!!
そのタイミングは、まさにこのゴールデンウィーク!!

2日の業務終了後、パソコン類を工事の埃がかぶらないように退避させ、
3日から7日にかけて一気にやりました!

1.研修医室とスタッフドクター休憩室の間の壁をぶち抜き
 天井や床も引っぺがします
2.壁や天井裏の電気やネット配線を整えます
3.新しい床、壁、天井を作り上げます
4.新しい照明を設置します
5.床のシートや天井と壁の壁紙を仕上げます
6.最後に床面にワックスをかけて出来上がり!!!

そして連休明けに新しいデスクや椅子、パソコン類を設置して
全てが完了しました!!

そして今のところスタッフドクターから、
休憩室が狭くなったという苦情もありません。
それくらい一見しても“???”というくらい、
工事したかどうかすらわからないくらい上手に出来上がりました!

  拡張工事前


  そして・・・

  拡張工事後


とっても『部屋』らしくなりました!
研修医の間でも好評です。
瞬く間に席替えが始まり、
2年目の研修医は隅っこに陣取りました。
隅っこはとても落ち着くらしい(笑)

外部からの研修医や医学部の実習生さんも
一緒の部屋で過ごすに不自由はないと思います。
(今までは、まるで芋の子を洗うようであった。。。)

これを機に色々と片付け(断シャリ?)、掃除もしました
お陰でホコリまみれになって一日中鼻水が止まりません。。

みんな楽しく寛げる部屋になったかな


臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

メックマッチングフェスティバル2017

2017年5月2日

先日の日曜日(4/30)。
医学生の予備校であるMECが主催する
医学生対象の病院説明会に出展してきました。

なんとこの日は2年目の研修医S先生の結婚披露宴の日!
しかも病院説明会の行われた会場とは目と鼻の先でした。
2年目の研修医はもちろん、大学の同期や部活の後輩などの集まって
盛大に行われたそうです。

さて、その結婚披露宴の会場から目と鼻の先、
梅田スカイビル3階のステラホールで、
私は朝から、地味にブースの設営にいそしんでおりました。

昨年も3ヶ所の病院説明会に出展してきましたが、
午前中から始まる説明会の場合、得てして学生の出足は
スロースタートが基本。

会場の奥のほうにブースがある場合(入口付近は出展料が高かったりします)
なかなか学生はやってきません。

そんなペースに慣れているせいで、
一緒に参加する研修医にも
「ゆっくり出ておいで~~」と伝えていました。

学生の入場とほぼ同時に、研修管理委員長のY副院長が到着!
まぁしばらくは学生さんも来ないかな、、、などと
お茶を飲みながら、ゆる~~~く構えていたら、、、、

 ん!??

メックの“コンシェルジュ”という白ポロシャツに無線のインカムを装備した人たちが
『早速ですけど、説明を聞きたいとおっしゃる学生さんがいるのですが』
と、学生さんを連れてきた!!

しかも、次から次へと連れてくる!!

病院の資料を1人ずつセットにする間もなく、
どんどん説明しないと後ろに列ができてしまう!!

でも、せっかく来てくれた学生さん、
丁寧に説明してあげたいし、
説明次第によっては、今後病院見学に来てくれるかもしれないから
誰一人としておろそかにはできません。

説明の合間に急いで資料をセットして、また説明して、またセット。
お手洗いに行く間もない!

そうこうしているうちに、1年目の研修医2名が到着!
予想以上の学生さんの人数に驚いていましたが、
驚いている場合ではありません。

学生さんに説明するのが初めての研修医二人の横に座り、
『とりあえず説明するから横で見てて!!』と言って私が説明。
学生さんから研修医への質問に研修医が答えるというスタイルで乗り切りました。

ブログ用の写真を撮る間もなく、
ようやくひと段落(というか、ほぼ終盤)した時に
撮影した1枚。

終わったときにはげっそりと疲れ
のどもカラカラ、ヒリヒリ。
無事に何とか一日を終えることができました。

次回は5月5日(金・祝)に
神戸ポートアイランドの国際会議場に
兵庫県が主催する病院説明会に行ってきます。
 兵庫県の病院説明会WEBサイト ↓↓↓
https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf15/hw11_000000070.html

お越しの学生さんがおられたら、
是非、明和病院のブースにお立ち寄りください。
お待ちいたしております。

臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

今日は初めての・・・

2017年4月24日

今日は初めての出来事が二つ。

明日は1年目の研修医にとって初めてのお給料日です。
明和病院ではお給料日の前日に給与明細が配布されます。

さぁ~~~て
どれくらいお給料が出てるのかな~~~
(なぜか本人に希望で目元にマスキングが、、)

開いてみると~~。。。

こんだけ出るんだ~~~♪♪

明日には銀行の口座に入金されるよ!
ところで初任給で両親に何かするのか尋ねてみたところ、
なんと家族で食事に行くらしいです!
今まで苦労かけた分、しっかり親孝行するんだよ!!


さて、今日はもうひとつ初めての出来事。

1年目の研修医のトップを切って
T先生が初めての当直です。

早速、近隣のクリニックから紹介されてきた
10代の女性の患者さん、
採血データを見ながら慎重に判断。
上級医の先生と患者さんと親御さんに説明して
点滴をオーダーしていました。

無事に明日の朝が迎えられますように。。。

では、そろそろ僕は帰りまーーーす。
バイバイ!

臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

新歓コンパ

2017年4月21日

さて、『新歓コンパ』といえば、
大概は大学生などの“新入生歓迎コンパ”のことを指しますが、
ここで言う新歓コンパは“新研修医歓迎コンパ”です。

1年目の研修医はこの時期、どこに行っても注目の的。
診療科や病棟でも歓迎会をしていただけることがあるみたい。

今回は研修管理委員会と日頃一番お世話になるER関連の
上級医の先生や看護師さんを交えて歓迎会を開きました。

事前エントリーで総勢28名!
小さなお店の二つの部屋を使って入り乱れながらの大宴会!
廊下まで人が溢れてました。

1年目の研修医は
廊下に立って二つの部屋に向かって自己紹介
 

麻酔科や形成外科、呼吸器外科の先生も飛び入り参加!


その後も二次会、三次会と続いたらしい
若いってやっぱりスゴイ。。。


臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。

間もなく初めての・・・

2017年4月19日


研修医1年目は4月10日(月)までのオリエンテーションを終えて
各診療科に散っていった。

研修医は各科で研修をしながらもERに従事しているが、
1年目の研修医もその例外ではない。

早速2年目の研修医と一緒にERに入り、
診療の流れからカルテ操作に至るまでの手ほどきを受ける。

今日も救急ポイントレクチャーを聞き終わってすぐにERに向かった1年目のK先生、
ERに着くなり上級医のS先生から質問される。

上級医S『あっ、K先生、この人の画像見てヘルニアあるか見て!』
1年目K『えっ。』

戸惑いながらも2年目の研修医S先生の説明を聞きながら紐解いてゆく。

こちらも病棟でカルテ記載を終えて現れた1年目のT先生
検査オーダーの方法の手ほどきを受けている。

その後T先生は22時過ぎまで頑張ったそうです。

今日はまだ2年目の研修医と一緒だけど、
来週の月曜日からはいよいよ1年目の研修医が当直デビューする。

医師として初めての当直、
上級医の先生と一緒だとは言うものの
きっと不安に違いない。

最初の数ヶ月はきっと大変。
でも、この数ヶ月で彼らが劇的に成長することを
私はこの目で見て知っている。

陰ながらに一生懸命応援してます!

研修医を配属先に連れて行った途端に
一気に疲れが襲ってきて不覚にもダウンしてしまった臨床研修事務担当 N

※臨床研修医の採用情報
 http://www.meiwa-hospital.com/recruit/resident/

※明和病院では医学生さんの病院見学を随時受け付けています。
 ご希望の学生さんは、所属大学、学年、氏名、希望の見学候補日、
 特に見学したい内容、などを明記の上、
 t.nakayasu@meiwa-hospital.com (総務勤労課 中安)
 までご連絡ください。